コスメ事情

韓国の アイクリーム を選ぶ理由|スキンケア

あくまで自分の体験談ですので参考としてお読み下さい。

理由としましては2つあげられます。

安価なのに優秀

韓国コスメのアイクリームは、安価で手に入るものが豊富です。
口コミでも好評かなものが多いです。
目元のケアを行おうとしている初心者の方にも挑戦しやすいものとなっています。

日本にはないアイディアが沢山ある

韓国のアイクリームには、日本では考えられないものが沢山あります。
注射器の形をしたもの、マッサージが出来るローラーが付属されたものなど色々なものがあり、斬新なアイクリームがあります。

広告ではありません

韓国のアイクリームをおすすめする方は、日本のアイクリームに自分に合ったものが見つからないといった方には、韓国のアイクリームをおすすめします。
自分に合ったアイクリームがあるかもしれませんよ。
是非探してみると良いですよ。

韓国のアイクリームの選び方

自分の悩んでいる部分に合わせて成分をみて選ぶ
年齢と共にクマは気になる部分だと思います。
クマにも大きく分けて3つの種類があります。
血行不良による青クマ、皮膚がたるんで影になってしまう黒クマ、メラミンの色素沈着による茶クマといった3つの種類があります。
症状に合わせてアイクリームを選んでいった方が良いと思います。

青クマ
血行促進作用のあるものが有効です
例えばビタミンE成分があるものが良いです。

黒クマ
ハリ、弾力を与えるものが有効です。
例えばレチノール、ビタミンC誘導体、ペプチド成分があるものが良いです。

茶クマ
美白成分、UVカット成分があるものが良いです。

あと乾燥や加齢によるシワも気になりますよね。
そういった時にはどういうものを使用したら良いか紹介していきたいと思います。

そもそもシワにも2つの種類がある事はご存知でしょうか?
乾燥による小じわと加齢による紫外線などのダメージによる深いしわの2種類です。

小じわには、保湿成分があるものを使用すると良いです。
グリセリン、アミノ酸、セラミド、スクワランなどの成分があるものを使用すると良いです。

深いしわには、ハリや弾力をキープする成分を使用すると良いです。
コラーゲン、レチノール、ビタミンC誘導体、ペプチドなどの成分があるものを使用すると良いです。

日本で販売されているものを選ぶと良い

韓国と日本では化粧品に使う事の出来る成分、材料の基準が違う事はご存知でしょうか?
詳しくない方は知らないと思いますが、韓国では日本では使う事が出来ない成分も入っているものもあります。
変な成分が入っていて韓国のアイクリーム使うのがこわいといった方は、日本に実店舗がある所で買うか、日本で販売されている所で買う事をおすすめします。
何かあればすぐに問い合わせして対応する事が出来るので良いかと思います。

韓国のアイクリームの使い方

アイクリームはただ使えば効果的に使える訳ではありません。
しっかりと基本の使い方がわからなければ効果が発揮される訳ではないので説明していきたいと思います。

アイクリームを手の甲などに取り、目の周りに点置きにする。

薬指を使い、目頭から目尻に向かって軽く叩き込むように塗る。

目尻から目の周りをぐるっと1周するように指で馴染ませる。

といった基本的な使い方をすると効果的にアイクリームの効力を発揮する事が出来ると思います。

アイクリームの使用量はだいたい米1粒ですが、他のアイクリームの種類によっては、異なる為説明書、パッケージを見て確認する事をおすすめします。

硬めのものである場合には、手のひらで温めてから塗ると伸びが良くなります。
硬めのものを塗ると伸びなくてダメなんだよなと思う方は、少し温めてから使用すると良いですよ。

アイクリームはどんなものを使えば良いか?

年代によってアイクリームの使うものは違うので紹介していきたいと思います。

20代は乾燥から守ってくれる保湿成分入りものや、目元の疲れを取ってくれるリフレッシュ系のものが良いです。

30代はしわが気になる年代なので、保湿成分がしっかりとしたものを使用し、目元のハリと明るさをキープ出来るものを使用すると良いです。

40代はしわやたるみが気になってきます。
こっくりとしたテクスチャー系の高保湿タイプのアイクリームを紹介すると良いです。

50代は目元の乾燥、たるみを感じやすくなり、目元の潤いも不足してきます。
セラミドやヒアルロン酸などの成分が入ったアイクリームを選ぶと良いです。

こういった感じで年代で使うものアイクリームを変えていくと良いですよ。

最後に
アイクリームの説明、紹介をしましたがどうでしたでしょうか?
20代のうちはしわとか気にならないからアイクリームなんて使わなくても大丈夫でしょ?
と思う方も多いと思います。
20代は肌も良く、しわなど表面的に出てこないと思うのでケアはまだしなくて良いと考える方が大半です。
しかし、20代のうちからケアをする事によってエイジングの影響を与える事が出来るので20代のうちから行う事をおすすめします。
韓国のアイクリームには、安価で色々な種類がありますので選ぶのは大変だと思います。
自分の肌がどのような状態かを確認して、アイクリームを選ぶと良いです。
自分の肌にあったアイクリームを使って肌を綺麗にしていきましょう。